やはり不動産屋さんに全て任せたほうがよいのでしょうか?

不動産屋さん任せも考え物です。

まず不動産屋さんに行き、自分の希望(場所、広さ、予算)を伝えると、とりあえずめぼしい物件を紹介してくれます。

すぐ出てくるのはろくな物ではありません。
9割はパスしてもいいと思います。

なぜだかというと、すぐに出てくる土地は、いわゆる売れ残りだからです。
必ず売れていない理由があります。

たとえば、隣がお墓だったり、”南向き”とあるので見に行くと、物件の前に大きな建て物があり、ほとんど日光があたらないなどと、さまざまな理由があるのです。
だから売れ残るんでしょうけど。

ほとんどと言っていいほど、マイナスの情報は不動産屋さんは教えてはくれませんし、教える義務もないようです。

そんな土地を、ついその場の雰囲気で、気に入ったそぶりを見せてしまうと、不動産屋さんの思うツボです。

不動産屋さんも商売です。
話がまとまりそうだと感じれば、一気に良いことを言い、まくしたててきます。

初めて行った不動産屋さんでは、その不動産屋さんが誠意があるかないかを判断するくらいのつもりで行けばいいと思います。

こうして、土地を探している場所の近くの不動産屋さんを、手当たり次第廻りましょう
とにかく情報収集するのです。

ただ、ここで気をつけないといけないのは、あたかも情報収集だけをしに来ているという素振りを見せてしまうと、不動産屋さんも適当な対応でしか接してくれないので
「買う気はある」
という雰囲気で臨むのはとても大事なことです。

この雰囲気というのが抽象的な表現で申し訳ありませんが・・・。

とにかく、土地を探す地域で行ってない不動産屋さんはないというくらい、まずは行ってみてください。

なぜそこまで廻らなきゃならないかというと、、ある程度は不動産屋さん同士の横のつながりがあるようですが、不動産屋さんたちは、売買が成立して初めて商売が成り立つわけですから、条件の良い物件はなるべく他には出さずに自前で”売り”と”買い”の契約をしたいわけです。

ですから足を使って個々の不動産屋さんを廻らないと、掘り出し物レベルの条件の良い物件の情報はつかめないわけです。

これでわかっていただけるかと思いますが、折り込みチラシなどで、掲載している売りだし物件は、すでに不動産屋さんにあります。

ですからチラシに載っている物件などは、パスです。
チラシを持って不動産屋さんに行くのは、不動産屋さんのいいカモです。

なかには”たま〜に”いい物件もあるかもしれません。
でもよく考えてみてください。
チラシになるまで売れなかった物件ですよ。
まず、いいものはないハズです。

「そんなこと見てみないとわからないじゃないか?!」
と思われますよね。だから手当たり次第廻って欲しいのです。
そうすると、ここに書いてある意味がわかっていただけると思いますし、物件を見る目が肥えてくるのです。

それはいい不動産屋さんと、そうでない不動産屋さんの違いというか、自分と不動産屋さんとの相性みたいなものでしょうか。

チラシに載っている物件はパスと書きましたが、きちんと見ることは見てください。
探している地域の相場などが、なんとなく見えてくるはずです。

なんとなくでいいです。
なぜなら、私たちはプロになるつもりはないわけですからね。

ただ、ほとんど無知な状況で契約してしまうのを避けるために、見る目を養う必要があると思うからです。

必ずしておきたいのは廻った不動産屋さんすべてに、自分の希望に近いものが出たら、教えてくれるように伝えておいてくださいね。

これを言っておかないと、不動産屋さんからこのお客さんはいちげんさんだと思われてしまいます。
(30パパが出会った多くの不動産屋さんは、あまり個人のお客さんには熱心ではないような気がしたから)

ただ連絡するように伝えておいても、まず連絡はないと思っておいたほうがいいでしょう。
もし親身に動いてくれる所があれば、いい不動産屋さんの1つといえるでしょう。

あくまでも1つとしてですが。
(私たちの希望に近い物件を購入することが目的ですから、変に義理を感じてしまったり根拠のない信用で契約するのは危険)

ここまでが、土地探しをする準備です。
あくまでも準備です。

「こんな面倒なことできないよ」
と思われる方は、辛口ですけど残念ながらいい土地探しはできないと思います。

と言うのは言い過ぎかもしれませんが、下記のようなホームページも活用して、ネットとリアル両方で情報を収集するとよいでしょう。

住まい探しならSUUMO(スーモ)


次のページへ

ページの先頭に戻る

土地探し、どうしたらいいの?


その他カテゴリ

 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25