では具体的に何が違うのでしょうか?

30パパは家づくりを検討している時にこのようなサービスがあることを知らなかった
こともあり、銀行で融資を受けました。

つい最近まで多くの方は、大きく分けて2つの方法で住宅ローンを契約していたと思います。
1つめは住宅金融公庫を利用して、比較的長期の契約期間(10年以上)で固定金利の
契約をする方法です。
この方法を利用するメリットは
長期間金利が変化しないため、返済額が変わる心配をしなくてもよいという点です。
デメリットは
短期の契約に比べ借り入れ金利が高いという点です。

もう1つは30パパも利用した銀行からの融資を利用する方法です。
この方法のメリットは短期固定の契約をした場合、借り入れ金利がとても低いという点です。
デメリットは
更新時に金利が上昇していたら、返済額が大きく上がる可能性があるという点です。

ものすごく簡単に言いますと、長期の固定金利だと返済額が変わらないけど金利が高い。
短期の契約だと金利は安いけど、更新時に返済額が上がる可能性があるということです。

個人的な見解としては、現在例えば年1%の低金利で借りているのが、将来2%に上がる可能性のほうが0.5%に下がる可能性より高いと思います。
なので短期固定はとても心配な契約だと考えます。(30パパもこういう契約なので心配です)
一般的に景気が良くなれば市場金利は上がるので、この先日本の景気が良くなると
短期固定の住宅ローンを組んでいる、30パパをはじめとする多くの方は次回の更新時に
返済額の大幅アップに悲鳴をあげる可能性があるでしょう。

そこで長期固定のデメリットである高金利と、短期固定のデメリットである返済額の上昇
という2つのデメリットをうまく減らしたのがモーゲージバンカーなのです。

どういうことかというと
長期固定(15年以上35年以内)なのに低金利(2%台)で融資を受けることができます。
すごいですよね!!
30パパもこの事を初めて知った時は驚きました。
まじめに借り換えを検討しているところです。

100万以上金利の節約が出来る可能性があるわけですから、仮に現在契約している住宅ローンを中途解約した違約金を払ってでも、借り換えのメリットのほうが大きいわけですからね。

次のページへ

このページの先頭に戻る

 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25