最近増えている長期固定の住宅ローンはどんな仕組みで成り立っているのでしょうか?
「何かウラがあるんじゃないか?」と感じてらっしゃる方もいるかもしれません。

確かにウラがあります。

といってもアヤしい話ではなくて、お金の調達方法が従来の住宅ローンと違うという点です。
では何が違うのでしょうか?

まず従来住宅ローンを扱うことができたのは金融機関と住宅金融公庫がほとんどでした。
理由は簡単です。
大量の資金を用意する必要があったため、そのような金融機関以外の会社がこの分野に
参入することができなかったのです。

ところが「モーゲージバンカー」と呼ばれる会社が次々とできて、この今までの常識が
変化してきました。
「モーゲージバンカー」とは住宅ローン専門のノンバンクで、銀行のように預金などを
原資とせず、住宅ローンの証券化によって貸出するための原資の調達を行っています

ですのでお金の集め方が違うため、従来とは全く違う消費者にとってはありがたい
サービスを提供してくれるわけです。

次のページへ

このページの先頭に戻る

 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25