水周りは、家づくりの早い段階で決定すべきことなので、着工する前に確認しておくことで書くべきことなのですが、この部分に関しては、しっかり考えていただきたいので、敢えて別項目で取り上げさせていただきました。

なぜ別項目にしたかというと、水周りの選び方で家づくりの資金計画に、大きく影響する費用だからです。

水周りをどれを選ぶかで、建設費用が大きく変わるほど”ピンからキリまである”ということです。

理想ばかりで選んでしまうと、簡単に500万円以上は費用が上がります

決して大げさな話ではありません。

ということは、いい意味での妥協ができたら、それくらいの予算を節約できるかというと、残念ながらそうでもありません。

たいていの場合、業者さんの見積もりの中で採用している機種は、いわゆるスタンダードな機種なのですが(まあまあの機能や使い勝手のものなのですが)いろいろ調べた結果、スタンダードの物と一番廉価な物との違いはあまりありませんでした。

分かりやすく言えば、一番グレードの低い機種にしても、あまり安くなりません。
ですので標準仕様のものより下の機種にするのは、あまりおすすめいたしません。

どうしてもキッチンのグレードを上げたい!!
という場合はどうしたらよいでしょうか?

そのぶんの現金が用意できなければ他の部分での出費を削りましょう。
ここはシビアにしましょう。

また水周り選びでお勧めなのは、同じメーカーでそろえるという点です。
理由は、後からのメンテナンスが楽だからという事です。

あくまでもおすすめですので、メンテナンスのことを気になされないようでしたら、お好みのものをお選びになられたらいいかと思います。

次のページへ

このページの先頭に戻る

 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25