30パパの上司が住宅を契約した時の状況と、その後の状況です。

とても残念な結果の見本です。

上司の担当の営業マンは、20代のまだ経験の少ない営業マンだったそうですが、まだ図面の打ち合わせがしっかりできていないにもかかわらず

「何とか契約だけ先にしておいてもらえませんか?今月契約取れないとまずいんです」
と言ってきたそうです。

その上司は(奥さんも)そのハウスメーカーさんに頼むつもりでいたらしいので、その時に”なんとなく”契約をしてしまったそうです。

なんという、お人よしというか、浅はかというか・・・。

私はその話を会社で聞いた時に
「きちんと確認しないと、まずいんじゃないですか?」と、

つい余計なおせっかいを言ってしまったのですが、その上司は
「一生懸命やってくれてるだろうし、大丈夫だと思うよ。」との回答。

「思うよ」という言葉に、ついまた反応しそうになってしまいましたが、その時は、それ以上は言いませんでした。

それから2ヶ月以上がたち、そんな会話をしたことすら忘れていたある日の事、その上司が真っ青な顔をして出勤してきたのです。

「どうしたんですか?」

とたずねてみると、

「担当者が契約した後、すぐにやめてしまったこと、しかも始まった基礎工事の現場が、上司がイメージしていたものとは違っていて、後任の担当者に抗議したところ、図面どおり施工しているので、もし変更するなら追加工事料金がかかる」とのこと。

結局100万円ほどの追加料金を払い、変更したそうなんですが、30パパからしてみれば、なぜ

「一生懸命やってくれてるから」

という根拠のない理由で契約をしてしまったのか疑問だったし、その上司のことがかわいそうに感じました。

こんなことはめずらしいケースであろうと思っていましたが、他の住宅関係のサイトをのぞかさせていただいたら、似たような原因でトラブルがあるようなのでびっくりしました。

このようなことも、ありうるので何となく契約するのはやめましょう

次のページへ

このページの先頭に戻る

契約の前に確認しておくこと


その他カテゴリ

 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25