最近は、固定電話を必ず引かないといけないということもなくなってきたので、家づくりを機に通信手段全般を見直すのもいいかもしれません。

音声通話は携帯電話で済ませる方が増えていますし、IP電話の普及でNTTの固定回線の必要性がだんだん低くなっている気がします。

思い切って、IP電話にすれば、NTTの電話工事費用や基本料金を節約できます

こういった方法も検討に値すると思っています。

加入電話がないデメリットは、

セキュリティーサービスが使えない
自動車ローンなどが通りにくい(?)

セキュリティーサービスは電話回線を利用するので、IP電話ではだめだそうです

自動車ローンなども、固定電話がないと融資が受けにくいと聞いたことがあります。

当然ながら、NTTと契約してないわけですから、NTTのサービスは使えません。
具体的に言えば、113や116などの”100番通話”と呼ばれる物です。

緊急通話は携帯で代用できますが、災害用伝言ダイヤル171は携帯からはつながりません。

このように、IP電話を利用する場合はデメリットもありますから、メリットとデメリットのバランスによって決定してください。

このページの先頭に戻る

 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25