住宅関係でまず必要な税金は不動産取得税です。

名前のとおり不動産を取得した時にかかる税金です。

”土地を購入した分”と”建てた建物”の部分と”両方課税”されます。

30パパの場合、土地の取得税は取得税の軽減措置がありましたので、多少は低く抑えることができました。

この軽減措置は、購入する土地の広さや新築する建物の延べ床面積によっても変わってくるそうなので、くわしくは担当する地域の県税事務所に確かめておくといいと思います。

業者さんに聞いてみてもいいかもしれません。

一般的に知られているのは固定資産税ではないでしょうか。

これも敷地の広さや地域によってかなり違います。

建物の場合は新築後、役所の方が家に来て、そこで評価額というものが決められて、その評価額によって、税額が決定されます

土地の場合は、毎年発表される地価によって決定されます。

30パパのでよろしければ参考にしてください。
土地面積約151平米
延べ床面積約130平米
当初3年間年間11万円くらいです。
4年目からは16万円くらいです。

あくまでも目安ですので、お住まいになる場所によって、かなり変わります。

これは評価額というものが決まらないと確実な金額は決まらないので、住み始めてからわかる費用になります。

次のページへ

このページの先頭に戻る

返済計画はどう立てる?


その他カテゴリ

 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25