はじめに住宅展示場で出会った業者さんについて、説明します。

30パパの感覚としては、このパターンが一番多いのではないでしょうか。

テレビやラジオでハウスメーカーさんや住宅展示場は、しょっちゅう宣伝していますので、”とりあえず”住宅展示場に行かれる方が多いからです。

30パパも何回か行きました。

30パパはそのおかげでかなり勉強になりました。
構造、工法について学んだのはもちろんですが、業者さんを見る目を養うことができました。

展示場にはたくさんのハウスメーカーさんがあるので、何を基準に”いい会社”か”よくない会社”かを選べばよいのか分かりませんよね。

ではどんな基準で業者さんを選んだらよいか、教えますね。

大体その目安で選んでいけばはずれる事はないと思います。

展示場の中に入り部屋を見ていると、大抵の業者さんは、担当者同士で目配せしながら(どういう合図なのかわかりませんが・・・)近寄ってきて、まずはパンフレットをくれます。

そして自社の特徴を話し始めます。
構造の説明から始まり、天井の高さの事、耐震性、施工実績などをアピールをしてきます。

そのあと、展示場の建物の説明があります。
注意してもらいたいのは、展示場は最高の部材と最高の設計によって造られていますから、展示場の仕様で建てることのできる人は、かなり少ないと思います。
ですから、この部分はあくまでも参考程度に聞いていただければいいのですが。

・第一印象・展示場の雰囲気がよかった。
・こんなデザイン、私が思っていたイメージ。
・こういうキッチンがよかった。

などの理由で、必要以上にそのハウスメーカーさんに肩入れしてしまう方が多いようですが、それはとても危険です。

大抵のことは、どの業者さんに頼んでもできます。

あくまでも展示場は参考にする程度で十分です。

一通り説明が終わると担当者はこちら側の状況を探ってきます。

順番はともかく、だいたい聞いてくるのはこんな感じです。

・建設予定日
・建設予定地
・どんな仕事をしてるか
・家族構成
・建設に対する予算


もう1つ重要な質問をしてきます。

その質問は・・・

次のページへ

このページの先頭に戻る

業者選びは慎重に


その他カテゴリ

 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25