外溝工事は家づくりの仕上げの部分です。

やらなくてもいいといえばいいし、やらなくても住めないわけではないので、どうしても後回しにされてしまうことが多い部分です。

しかしせっかく立派家を造っても、周囲が砂利だらけではみっともなく見えてしまいます。

できるだけ外溝もしっかり考えましょう。

大抵の業者さんは外溝工事も住宅と同時に契約をしたがりますが、個人的には、住宅建設と外溝工事は別に考えたほうがいいと思います。

なぜかというと、「もちは餅屋」という言葉があるとおり、外溝は外溝の得意な会社が確かにあるからです。

30パパは住宅建設を契約した業者さんと、外溝工事を契約した業者さんは違います。

住宅を契約した業者さんがコストを含めたメリットを出してくれていれば、同じ業者さんで契約したと思います。

ですが他社のほうがいい提案をしてくれたし、コストメリットがよかったです。そのような経験から業者さん選びと同様、しっかり選んだ方がいいものができるのではないかと考えています。

      
        外溝工事前         外溝工事完成後

外溝工事も例外でなく、予算のかけ方は千差万別です。

敷地の広さにもよりますが、贅沢にすれば1000万円ぐらいは平気でかかります。

ちょっとしたカーポートとフェンスをつけるだけでも100万円近くかかります。
そこに植栽したり、門扉を使えば、2・300万円はあっという間にかかります。

総費用の中において、どれくらい外溝工事に使うかというのを、家づくりの計画段階で検討しておく必要がある大きな費用だということです。

どうしても予算がオーバーしそうな時は、また妥協したくない!と思う時は・・・

何かを節約するしかありませんね。

毎月払っている保険を見直すのも、一つの手かもしれません。

【無料】保険見直し相談 で、節約の相談をしてみましょう。

私も利用してまみしたが、1万円くらいは節約出来ましたよ。

次のページへ

このページの先頭に戻る

外溝工事はどうしてる?


その他カテゴリ


 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25