毎日現場に行くのなら、あなたが現場監督のつもりで現場をチェックしましょう。

素人ですので見つけれないかもしれませんが、手抜き工事や欠陥工事がないか目を光らせましょう。

現場があまりにも汚かったり散らかっていたりした場合は、職人さんに直接注意してもいいと思いますし、言いにくければ担当者に報告して改善してもらいましょう。

そんなことしたら職人さんに嫌がられて「変な工事をされてしまうのでは?」と心配している方がいらっしゃるかもしれません。

少なくとも30パパの場合は、気になることは指摘させてもらいましたが、仕事の内容や質は変わりませんでした。

変に遠慮するのは良くないことです。

着工してから約1ヶ月ぐらい経ちますと上棟です。
地域によっては、上棟の日に餅まきをします。

上棟には有給を取ってでもなるべく現場に行きましょう
特に大それた理由はありませんが、とても良い記念になるし、とても感動します。

上棟は多くの場合、平日に行われますが、交渉次第で土日に行ってくれる場合もあります。
土日を希望される方は業者さんに相談してみましょう。

            
               上棟の時の様子

上棟の前後になりますと、カーテンやクロスなどの内装をどれにするか、決定する時期です。

カーテン・クロスの選び方については”カーテン選びはどうしたらいい?”で詳しく書いてありますのでそちらをご覧ください。

次のページへ

このページの先頭に戻る

着工した後に確認しておくこと


その他カテゴリ

 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25