現場と現在住んでいる場所が近いのなら、なるべく毎日現場を見に行ってください

”施主が毎日現場に来る”というだけで、現場の大工さんたちにいい緊張感が生まれるかもしれません。

職人さんたちもプロですから”誰かがいるからきちんとやる”だとか”誰かがいないから手を抜く”ということを言っているわけではありません。

上司やお客さんの前だと緊張感が違います。

毎日見ていれば、現場でしか気付けない点を見つけることができるかもしれません

30パパも図面の打ち合わせは、かなり徹底的に行いましたが、図面の段階では気付かなかった部分を現場で発見できて、2ヶ所修正しました。

    
   フローリングの下地作業    キッチンカウンターの造作

1つは階段の手すりの高さです。
図面だと全く問題のないように見えていたのですが、現場で立ってみると、どう考えても低いのです。
立ってちょうど手の位置に来るあたりに変更しました。

もう1つは窓の種類です。
階段のところにある窓なのですが、打ち合わせでは引き戸でした。

現場で確認してみると、窓の位置がが思っていたより高く、窓まで手が届かないのです。

開け閉めができない窓は困るので、下からチェーンで上げ下げができるタイプに変更しました。

もし現場へこまめに見に行っていなかったら、気付かなかったかもしれません。

次のページへ

このページの先頭に戻る

着工した後に確認しておくこと


その他カテゴリ

 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25