ホームセキュリティーのしくみを簡単に説明します。
 
扉や窓などに取り付けてあるセンサーなどが異常を感知する。
          ↓
感知した情報が警備センターに自動的に通報される。
          ↓
通報内容に応じて出動してくれる
 
大ざっぱに言えばこんな感じの仕組みです。
その他の機能としては、熱や煙を感知したり、パッシブといって何かが動くと反応する物などがあります。

もっと詳しくお知りになりたい方は警備会社のホームページをご覧いただいて、資料請求されたらいいかと思います。
  
ホームセキュリティといえば「セコム・ホームセキュリティ」。

気になる費用面ですが、けっこう高いです(苦笑)
家の広さや間取りによって随分変わります。

参考までに我が家の場合は買取で40万弱でした。
レンタルですとこの半分くらいだったような気がします。
あまり変わらなかったので買い取りにしたほうがいいと感じました。

それと毎月の警備料金がALSOKの場合、月々4,725円かかります。レンタルですとこの基本料金にレンタル料がかかります。
年払いはないので4,725×12ヶ月分で年間56,700円かかる計算になります。

この金額が高いと思うか、安いと思うかはあなた次第ということです。
ALSOKの場合ですと簡易型で低料金のプランもあるようです。
半額程度の費用で導入できます。
 
ただ個人的にはこのコストは”かけてよかった”と思う費用です。

話が矛盾するしているように感じている方もいるかもしれませんね。

私が家づくりの計画をしている時は、防犯対策についてはあまり重要視してなかったのに、どうしてホームセキュリティーを導入したのかという点ですよね。
 
その理由は先ほどの友人の警察官が強く勧めてくれたからからです。
費用もけっこうかかるので私が迷っていた時に
「あとで後悔したくなかったら導入したほうがいいよ」
と背中をポンと押してくれたのが導入を決めたきっかけでした。
今となればその友人に感謝しています。
 
結果的に導入したホームセキュリティー、これも決して万能ではありません

悪い言い方をすればドロボーに”狙われたら”必ずやられます。
警備システムが反応しても、1分や2分で駆けつけるとは限らないので、このシステムがあれば、即犯人逮捕とはいきません。

110番通報してもすぐにおまわりさんは来てくれませんよね。
それと同じです。

それでも導入して決してムダにはなりません。

このページの先頭に戻る

防犯対策


その他カテゴリ



 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25