立地的に入りにくい構造とはどんな事でしょうか?

建物と隣接する土地との位置関係のことです。
 
住宅地ですと隣家との間にあるブロックですとか、フェンス、植栽のことです。
少し田舎になるとポツンと1軒あるかもしれません。

どちらの家にも共通することは、その塀なり植栽がドロボーの侵入の手助けとなることは避けるという点です。

1階の窓全てにに面格子をしたからといって、ブロックに乗れば2階に侵入できてしまう構造であれば、直ちに対策を立てる必要があるでしょう。

具体的には

・フェンスやブロックの高さが高すぎないか確かめておく。
・もしよじ登れそうなら、塀やフェンスの高さを下げる。
・隣家所有の塀だったら、対象となる窓には面格子をつける。

(ただ2階の面格子については、火災などが起きてしまったときの避難という点とのバランスで、検討していただきたく思います。)
 
バルコニーだと厄介です。
バルコニーだと面格子は使えませんし、ある意味一番侵入しやすい訳ですから、しっかりと対策をしておくべきです。

一番リーズナブルに済む方法としては、センサーで反応するライトをつけておくといいかもしれません。
人が近づくとパッとライトが点くやつです。
結構効果があると聞いたことがあります。

もっとコストを抑えたいのなら、窓が開いたら音が鳴るものがあります。
マグネット式のものなら自分で取り付けることできるみたいですし、比較的安く済ませることができます。
 
だいぶ認知されてきた情報としては、塀は低いほうが防犯上は安全であるという点です。
昔は(私も含めて)”高い塀なら安心”、と思ってましたがあれは間違いだそうです。

理由は高い塀だと敷地内に侵入してしまえば、ドロボーは外から見えなくなり、安心して”仕事”できてしまうそうです。

反対に低い塀だと、家の中でごそごそしてるのが外から見えてしまうため、”仕事”しにくいそうです。


セキュリティを本気で考えるなら、妥協しないセキュリティ。

次のページへ

このページの先頭に戻る

防犯対策


その他カテゴリ


 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25