ケーブルのメリット

名前のとおりケーブルテレビ会社から、有線のケーブルで自宅まで電波を運ぶため、画像が安定していてきれい。

何よりも、屋根の上にアンテナを立てないので景観的にはすっきり。

アンテナがないから、台風の時などの強い風が吹いても安心。

標準的なコースだと、住んでいる地域の地上波のチャンネルは、全て網羅しBSデジタル放送も視聴可能。

地上波デジタル放送にも、ほとんどのケーブルテレビ会社で対応。

光ケーブルなので高速インターネットも契約すれば利用可能。

ケーブルのデメリット

毎月の利用料がかかる。

一番安いコースでも毎月3,000円程度。

見るチャンネルが少なくても、結果的には見ていないチャンネルの分も負担しなければならない。

何らかの理由で、ケーブルが切断されたり故障した場合は、信号がこないので全く画面が写らない。
復旧するのをただ待つのみ。

次のページへ

このページの先頭に戻る

 

 <30代サラリーマンのためのマイホーム講座>へ戻る

 
Copy right(C) 30代サラリーマンのためのマイホーム講座 All right Reserved. Since 2005/4/25